投手つぎ込みソフトバンク勝利 「M3」西武は負け

西日本スポーツ

 ◆オリックス5-6ソフトバンク(22日・京セラドーム大阪)

 ソフトバンクは1番に入った明石が初回に先頭打者本塁打を放って先制すると、4番柳田の適時打で1回に2点を先制した。

 4-2の7回には3番グラシアルの27号2ランで加点し、試合の主導権をつかんだ。

 先発和田は4回2失点で降板。嘉弥真、甲斐野、高橋、モイネロ、武田と早めの継投をみせ、守護神森は8回途中から9回と回またぎで登板。オリックスの反撃を抑え込んだ。

 優勝へのマジックナンバーを「3」としていた首位の西武は、楽天に5-7で敗れた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ