ソフトバンク明石、読みバッチリ先頭弾で勢い

西日本スポーツ

 ◆オリックス5―6ソフトバンク(22日・京セラドーム大阪)

 「1番二塁」で5試合ぶりにスタメン出場した明石が、自身初の先頭打者アーチでチームを勢いづけた。試合開始早々に、カウント3ボール1ストライクから、山本の投じた高め直球を強振。右翼席中段に飛び込む5号ソロで貴重な先制点をもぎとった。「打った瞬間入ると思いました。(山本は)いいピッチャーなので逆に割り切りやすかった。あそこであのボールがこなかったらしょうがないと思った」と、プロ16年目らしい読みで勝利に貢献した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ