ソフトバンク和田、粘投の4回2失点「一球一球勝負球」

西日本スポーツ

4回2失点のソフトバンク先発の和田 拡大

4回2失点のソフトバンク先発の和田

 ◆オリックス5―6ソフトバンク(22日・京セラドーム大阪)

 先発したベテラン和田が、粘りの投球でチームの勝利を呼び込んだ。味方打線が2点を先制した直後に、1死一塁から吉田正に同点2ランを被弾。2回からも3イニング連続で安打を許しいずれも得点圏に走者を置いたが、何とか失点は防いだ。「これ以上、点は与えられないという思いで、一球一球勝負球だと思って投げた」。責任投球回に満たない4回での降板となったが、チームの勝利に試合後は笑顔を見せていた。

   ◇    ◇

 甲斐野(2点リードの6回に登板し、3者連続空振り三振)「(いい投球を)続けていかないといけない。また、明日からに向けて体と気持ちを整えたい」

PR

PR

注目のテーマ