西武が連覇に王手!まさか同点から代打メヒア決めた

西日本スポーツ

 ◆楽天3-5西武(23日・楽天生命パーク)

 西武が競り勝って連敗を「2」でストップさせた。優勝マジックを「2」とし、2年連続23度目となるリーグ優勝に王手をかけた。

 初回、安打の秋山を源田が初球送りバントで進め、続く森が中前打かと思われたが遊直で併殺。3回は1死から木村が二塁打も、金子侑の投ゴロで三塁を狙ってアウトとなるなど、楽天先発の岸を攻めあぐねた。

 それでも4回、森の内野安打を足掛かりに中村、外崎の連続四球で満塁とし、山川の中前打で2点を先制。投げては先発の本田が6回まで2安打無失点の好投を見せた。

 ところが本田は7回1死からブラッシュに同点2ランを浴び降板。代わった小川も銀次に安打を許し、なお1死一塁。右の代打・下水流が出てきたところでベンチは3番手・ヒースを投入し、勝ち越しを阻止した。

 直後の8回はブセニッツに簡単に2死とされてから一転、3連続四球で満塁。ここで代打メヒアが走者一掃の勝ち越し二塁打を放つと、裏の守りは平井が3者凡退、9回は増田が浅村にソロを許しながらも逃げ切った。

 平井は自らのパ・リーグ記録を更新し、2005年藤川球児(阪神)に並ぶ歴代2位、シーズン80試合目の登板。増田は自己最多の30セーブ目を挙げた。24日は敵地でロッテ戦。1ゲーム差の2位ソフトバンクも敵地で楽天戦に臨む。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ