ソフトバンク・グラシアル2戦連発「他チーム気にしない」

西日本スポーツ

 ◆オリックス0―8ソフトバンク(23日・京セラドーム大阪)

 頼れる助っ人グラシアルが、2試合連発となる豪快なアーチで連勝に貢献した。6点リードの7回1死。この回から登板した山崎福の低めスライダーを完璧に捉え、バックスクリーンへとたたき込んだ。「勝つしかない状況なので、ホームランで貢献できてうれしい」。28号ソロでダメ押し点を奪い、遠慮気味に白い歯をこぼした。

 前日22日から2試合連続で3番に入ったが、初回には2番の今宮が先制右前適時打で出塁すると、走者を得点圏に進めようと初球にバントを試みた。ファウルとなり結果的にはこの打席は三振に倒れたが、逆転優勝のためなら自己犠牲はいとわない。「他のチーム(西武)のことは気にしない。とにかく自分たちは勝つだけ」。3回の第2打席でも、先頭で二塁打を放ちデスパイネの犠飛で5点目のホームを踏んだ。必ずそのバットでチームを奇跡の逆転Vへと導く。

PR

PR

注目のテーマ