西武打線で打撃タイトル独占も 今季も記録的破壊力

西日本スポーツ

 “獅子脅し打線”と呼ばれる超強力攻撃陣が、今年も記録的に打ちまくった。森、中村、山川が球団初の100打点トリオを結成。3人に秋山、外崎を加えた20本塁打以上が5選手はパ・リーグ最多タイ記録だ。

 個人タイトルも西武勢が席巻しそうな勢いにある。打率は森、本塁打は山川、打点は中村がトップ。主要3部門を同一チームの異なる選手が独占すれば、2015年のヤクルト(首位打者・川端、本塁打王・山田哲、打点王・畠山)以来、史上2例目となる。安打数は秋山、盗塁も金子侑が2位以下を引き離しており、上位につける森が最高出塁率に輝けば、打撃部門のタイトル独占となりそうだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ