西武12球団で圧倒的な得点力 1試合平均でSBと1点以上

西日本スポーツ

 西武は12球団の中でも圧倒的な得点力を誇る。23日試合終了時点の得点は743点で1試合平均は5・27。リーグ優勝を争ったソフトバンクの576点、4・11を1点以上上回る。ちなみにセ・リーグで優勝した巨人は100点近く少ない656点で1試合平均は4・69。

 昨年はレギュラーシーズンで12球団トップの792得点、761打点をマークし、ともに球団のシーズン最多記録を更新。打点王に輝いた不動の3番の浅村は今季、楽天に移籍したが強力打線は健在だった。

 得点力の源は森、中村、山川による球団初の100打点トリオ。3人に秋山、外崎を加えた20本塁打以上が5選手誕生したのはパ・リーグ最多タイ記録だ。打撃の主要部門を独占する勢いがある。

PR

PR

注目のテーマ