青山らが準決1着通過 プレミアムカップ 【山陽】

西日本スポーツ

 山陽オートの特別G1共同通信社杯プレミアムカップは24日、準決4個レースを行い、優出選手が決まった。9Rは佐々木啓が序盤で先頭に立って振り切った。2着はトップSから粘った佐藤摩弥で大会連続優出。10Rは有吉辰也が1角先取りから逃げ切り勝ち。田中茂が終盤に早川清太郎を競り落とし2着。11Rは青山周平がS一撃で勝ち、大会5連続優出。2着は5番手から追い上げた荒尾聡。12Rは鈴木圭一郎がS先手で圧勝。2着は展開をうまく突いた高橋貢。優勝戦の本命は青山。トップSから大会初制覇を果たす。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ