2年生の仲田がリーグ戦初安打 3安打2打点 福岡大 九州六大学野球

西日本スポーツ

 ◆九州六大学野球秋季リーグ第5週第1日 福岡大5-0九国大(28日・春日公園野球場)

 リーグ戦3度目のスタメン出場となった福岡大の仲田慶介(2年・福岡大大濠)が3安打2打点の活躍を見せた。1点リードの初回1死満塁で右越え2点二塁打。リーグ戦初安打で勝利に貢献した。5回に中越え二塁打、7回に中前打も放ち「ヒットを打ってとにかくうれしかった」と声を弾ませた。

 高校3年の春に選抜大会に出場。三浦銀二(法大)と古賀悠斗(中大)のバッテリーとともに8強入りを果たし、仲田は準々決勝の報徳学園(兵庫)戦に出場した。東京六大学リーグで登板する三浦や正捕手として東都大学リーグで戦う古賀の活躍が仲田の刺激。高校までは左打ちだったが「上で野球をやりたいから」と大学でスイッチに挑戦し、この日も両打席から安打を放った。

 あと1勝でリーグ優勝に届く。甲子園で一緒に戦った仲間と大学の全国舞台で再会するため、もっと安打を重ねていく。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ