ソフトバンク石川 上々の2回無失点

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-3ソフトバンク(28日・京セラドーム大阪)

 右肘痛から戦列復帰した石川が好投した。追い付いた直後の7回から登板。先頭の若月をフルカウントから直球で空振り三振に切って取るなど3人で片付けると、回またぎとなった8回も2死からの内野安打1本のみと危なげなかった。「(復帰後初登板となった)前回(23日)より感覚も良かった。最低限の投球はできたし、肩、肘も問題ない」。投げるたびに不安を払拭(ふっしょく)しており、短期決戦に向けてブルペンは厚みを増しそうだ。

PR

PR

注目のテーマ