ソフトバンク周東 俊足生かし生還

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-3ソフトバンク(28日・京セラドーム大阪)

 俊足の周東が、好走塁で1点をもぎ取った。4回にグラシアルの代走で途中出場。6回1死で回ってきた打席で内野安打を放つと、続く柳田の右前打で三塁へ進み、1死一、三塁から高田の三ゴロで迷わず本塁に突入した。相手三塁手の本塁送球との競争となり、際どいタイミングの中、左脚を巧みに曲げて捕手のタッチをかいくぐった。西村監督がリクエストを要求するも、セーフの判定が覆ることはなかった。「ああいうことができないと自分は生き残れない」。短期決戦でもスランプ知らずの足で仕事を果たす。

PR

PR

注目のテーマ