ジョセフHC、藤井強化委員長と決断 山中FB起用、リーチ「切り札」

西日本スポーツ 大窪 正一

 ◆ラグビーワールドカップ(W杯)1次リーグA組 日本19-12アイルランド(28日・静岡スタジアム)

■6日前会談…意見一致

 日本ラグビーの明るい未来へとつながる「賭け」に勝った。優勝候補の一角、アイルランドの緑の壁を突き破った。主将のリーチを控えに回して切り札とし、ハイボール対策で長身の山中をFBで起用した布陣。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)(49)と日本協会の藤井雄一郎強化委員長(50)が路上の会談で決断した。

 重圧をはねのけたロシア戦から2日後の22日朝。東京・秩父宮ラグビー場での練習前、ジョセフHCから藤井強化委員長に電話があった。「選手起用で相談がある」。声にいつもの陽気さがない。その低いトーンに事の重大さを感じ取った。

 同学年の2人は宗像サニックスが社会人下部チームだった選手時代から20年来の盟友。ただ、歩んできたラグビー人生は対照的だ。藤井氏は自ら売り込んでニコニコドーに入社。生鮮食品担当として馬刺しをさばきつつ、ラグビー部で主将も務めた。廃部後、サニックスへ。現役だったジョセフ氏と出会った。ニュージーランド代表でW杯にも出場したエリートは、彼のたくましさや情熱に好感を持ち、意気投合。2人の友情はジョセフ氏が帰国しても続いた。3年前、ジョセフ代表HCが誕生すると、サニックスを指揮する盟友に代表参謀入りを懇願した。

 メンバー決定はジョセフHCの専権事項だが、後押しが欲しかった。秩父宮ラグビー場での練習後、普段は車を使う宿舎への道をこの日は2人並んで歩いた。初めてのことだ。宿舎まで約30分。ジョセフHCが口を開く。春先に痛めた股関節の影響でロシア戦は本調子ではなかったリーチ主将の起用方法だ。精神的支柱の主将をW杯控えに回すか。「ワンチーム」を掲げる結束に影響を及ぼす危険もはらむ。

 対アイルランドは過去9戦全敗。「勝負を懸けないと何も生まれない」。藤井強化委員長はリーチ主将を勝負どころでの「切り札」として起用を進言。合わせてハイボール対策も話し合った。ロシア戦ではキック処理が不安定だったFBトゥポウに代え、途中出場で状態の良さを示した山中の起用を確認。意見が一致した。宿舎への上り坂を歩き終えた2人の表情は晴れやかだった。

 自信に裏打ちされたチャレンジの先につかんだアイルランド戦の歴史的勝利。史上初の8強へ。福岡で生まれた2人の絆と信念は揺るがない。 (大窪正一)

PR

PR

注目のテーマ