ソフトバンク増田はホロ苦デビュー

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-3ソフトバンク(28日・京セラドーム大阪)

 同じくこの日1軍初昇格した2年目の増田は、野村とは対照的にホロ苦デビューとなった。4回に三塁の守備から途中出場。6回1死一、二塁でのプロ初打席で中飛に倒れると、先頭で打席に入った9回は3球三振を喫した。延長10回2死一塁の3打席目は、ディクソンの直球を捉えたかに見えたが左飛。「思ったより緊張はしなかった。(二つの外野フライは)詰まっていたのでそこを修正したい」。1学年下の野村に先を越される形となったが、出場が見込まれる29日の今季最終戦での初安打に意気込みを見せていた。

PR

PR

注目のテーマ