福岡3年連続アベック表彰台 剣道少年 男子2位女子3位

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 茨城国体の剣道少年男女で福岡が3年連続で「アベック表彰台」を果たした。玉竜旗優勝の福岡第一高と福岡大大濠高の合同チームで臨んだ男子は、3年連続で準優勝。30日の決勝では開催地の茨城に敗れたものの、権藤和彦監督は「いいチームだった。内容では勝っていた」とねぎらった。

 玉竜旗、全国総体を制した中村学園女子高と筑紫台高で臨んだ女子は3位。準決勝で茨城に敗れた後、青森との3位決定戦は2-2で迎えた大将戦を大嶋友莉亜(中村学園女子高3年)が1本勝ちで制した。鮮やかな引き面を決め、「前が必死につないでくれたので、思い切って試合できた」と振り返った。 (伊藤瀬里加)

PR

剣道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ