【大博多CC】ラッキーは期待薄!?戦略性高い美味コース

西日本スポーツ

 ゴルフの秋、到来-。厳しい残暑も落ち着き、福岡県那珂川市にあるコース、大博多カントリー倶楽部(CC)を潜入調査した。福岡市近郊にある九州屈指の人気コース。多くのゴルファーが訪れる魅力を探った。

 

西スポ×GDOタイアップ特別プランやご要望に応じたゴルフ場を紹介!

↓インターネット予約はこちら↓

→【大博多CC】予約カレンダー

↓お電話でのご予約はこちら↓

0570-097-562

 

 

 なぜか訪れるチャンスがなかった大博多CCに初挑戦だ。福岡ではもちろん、九州でも人気が高いコース。ゴルフ特集担当デスクとして、その秘密をチェックするためにやって来た。フェアウエーもグリーンもコンディション良好。この日は「桧と松」のメイングリーンをラウンドした。

 まずは金子支配人にコースの特徴を伺った。「まずは戦略性の高さでしょう。距離は長くないですが、ラッキーが少ない。夏場でもグリーンは速いですし。ティーショットの落としどころも問題。ちょっとずれると、バンカーや木が利いてグリーンが狙いにくい」。自分の運を信じてやってきたタイプだけに不安が膨らむ。

 この日は出だしからショットが悪くない。スタートの桧5番を終わって3オーバー。いい感じだ。メインの挑戦ホールに選んだ6番396ヤードのミドルホール。広々としたフェアウエーがうれしい。よしっ!と思った心の変化がミスにつながった。ティーショットは右のOBゾーンへ。打ち直しはまずまずだったが、結局3パットも重なってトリプルボギーに。このつまずきが影響して桧は結局、9オーバーだ。

 「狭いホールが続いた後、広々としているだけに思い切り振ってしまう。左を狙えばいいのに、飛距離の出るタイプは右のバンカー越えを狙って失敗するんです」。金子支配人の分析、的中です! 心の中を読まれたかのようだ。

 後半の松もまずまずのショットが続いた。アプローチもいい。ただ、池の絡む8番ホールでトリプルボギーをたたいた。またも、いい流れで来てティーショットを右にミス。OBではなかったが、リカバリー、寄せも失敗した。終わってみれば90。スコアは別にして、狙いどころに集中できたこと、一打一打に集中してナイスショットが続いた手応えが残った。コースは昨年の西日本豪雨被害から美しい姿を取り戻しつつある。グリーンも全面張り替えを行い、いい状態をキープ。個性あるホールに挑んだ充実感からか心が軽い。

 「メンバーさんから言っていただいたんです。『うちは味があるコース。かめばかむほどいい。何度回っても飽きないね』。簡単ではないんですけど」。そう言葉を選んだ金子支配人の誇らしい表情が印象的だ。心技体-。自分の未熟なレベルを測るためにも定期的に挑戦したい。そう思いながら、すがすがしい気持ちでコースを後にした。

 

金子昌樹支配人(52)談

 1971年の開場からメンバーさまを含め、多くのゴルファーに支持されてまいりました。今後もコースのクオリティーをさらに高めていくため、コース管理を徹底し、ホスピタリティーの向上に努めてまいります。ご来場いただいた皆さまの言葉をしっかり受け止め、さらに愛されるコースになっていきたいと思っております。皆さまの挑戦をお待ちしています。

 

◆グルメ 

 メンバーに最も人気の高いのが、「鉄板ホルモン焼セット」(税別1420円)だ。平日は通常、食事付きのプランのため、プラス税別220円で食べられる。若いゴルファーに人気なのが、「鉄板ステーキ&ハンバーグ」(同2000円)。180グラムのステーキに大きなハンバーグというボリューム満点のコンビに、ライス、スープが付く。こちらも平日ならプラス800円で食べられる。

◆開場

 1971(昭和46)年10月27日。松山桂司氏の設計の丘陵コース。2005(平成17)年からPGMグループに。桧、松、杉の27ホール(各パー36)。ベント芝の2グリーン  

◆カート・ナビ

 基本的にカート乗り入れが可能だ。ナビはピンまでの距離が表示されるほか各ホールの攻略法やグリーンの傾斜まで教えてくれる

◆所在地 福岡県那珂川市埋金5

◆アクセス

 福岡都市高速5号線の月隈JCTから野芥方面に向かい、野多目ランプから約30分でコースへ。九州自動車道の筑紫野ICからは約20分

◆予約・問い合わせ 電話番号は092(952)3811、ファクスは092(952)2360

 

 

 

PR

PR

注目のテーマ