ソフトバンク武田CS先発も 右肘の状態良化 

西日本スポーツ

 シーズン最終盤に右肘の違和感を訴えた武田が、クライマックスシリーズ(CS)に向けた先発投手練習に参加した。

 4日間のノースローを経て、この日は約80メートルの遠投などで患部の状態を確認。工藤監督は武田の先発起用について「そうなると思います」と語った。9月21日の日本ハム戦で予定されていた先発を回避するなど状態が心配されていたが、本人は「肘の状態は良くなってきている」と説明した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ