稲葉監督「千賀を中心に」プレミア12辞退の柳田にも言及

西日本スポーツ 松田 達也

 稲葉監督はメンバー発表会見で「スピード、パワー、経験をバランスよく構成した。最適な編成ができた」と自信を示した。

 ベテランから若手まで顔をそろえた投手陣については「千賀を中心に、というか、先頭に立ってやってもらいたい」と令和初のノーヒッターに要望。さらに「ベテランはここぞというところで頼りになる。ベテランというのは、松田(宣)のこと。ムードメーカーとしてもスペシャリストだし、プレー以外の点でも大きく期待している」と、ソフトバンク勢にグラウンド内外での活躍を求めた。

 主将は置かず、松田宣、巨人・坂本勇、広島・菊池涼、西武・秋山といった代表経験が豊富な選手を中心にチームづくりを進める方針。また、ソフトバンク・柳田らコンディションなどを考慮されてメンバー入りしなかった選手については「実力があるので、来年の東京五輪の候補ではある」と語るにとどめた。 (松田達也)

   ◇    ◇

 ◆ソフトバンク・千賀「日本代表に必要と思っていただいたのだとすれば、本当に光栄ですし、うれしいです。選んでもらったからには、評価してもらった部分をしっかり出して、精いっぱい頑張りたいと思います」

 ◆同・高橋礼「選んでいただき、本当にうれしく思っています。ホークスの看板と日の丸を背負っていると意識して、どこで投げることになっても力を尽くして相手をしっかり抑えたいです。過去の国際大会同様、今回もこれからの野球人生に生かせるようないい経験を積みたいと思います」

 ◆同・甲斐「選出していただいて、野球選手として本当に光栄な思いです。同時に、強いチーム、良い選手を相手に勝ち続ける責任もありますし、身が引き締まる思いです。自分が何をすべきかを考えながら持っている力をしっかり出し、勝ちにつながるプレーをしていきたいです」

 ◆同・松田宣「選んでいただき、正直驚きましたが、また侍になれてうれしいです。若い選手に国際大会の経験を伝えたり、みんなが力を発揮できる雰囲気をつくることも期待されていると思っています。僕はまだ世界一を経験したことがないので、熱男・松田宣浩、世界で羽ばたきたいと思います」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ