谷口遼平が今期8度目のVだ ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(A級1、2班戦)は2日目、準決3番をメインに展開した。まず最初の5Rは小川祐司の突っ張り先行を桜井太士が逆転。続く6Rは、中川勝貴の番手にハマった末木浩二が番手捲り。ラストの7Rは、ペース先行に持ち込んだ谷口遼平が楽々と押し切った。

 最終日のハイライト7R決勝は、谷口がパワー攻勢で今期8度目のVをつかむとみたが、絶好調の末木に乗れる岡本大嗣や、復調ムードの小川もVチャンスがありそうだ。

【7R・決勝コメント】
(1)谷口遼平 別線の仕掛けがなかったので、安全に流せるだけ流して先行した。ハンドル調整で初日よりも軽かったですね。自力。
(2)末木浩二 中団から中川君が仕掛けてくるとは思わなくて、出られてしまった。でも調子はずっといいし、優勝を狙いたい。自力。
(3)小川祐司 岡本さんにセッティングを見てもらい、感じが良くなった。ここ2場所は悪かったので今回をきっかけにしたい。自力。
(4)岡本大嗣 何とか3着で優出できたけど、先行する気持ちでいた渡辺君の力を、自分がもっと引き出してあげないとダメ。末木君。
(5)桜井太士 ワンツーで準決突破はうれしい。作戦会議で小川さんが強気に前々へ走ると言っていたので気合が入った。小川さんに。
(6)佐藤 学 末木君が番手にハマってくれて、冷静に走ってくれたと思う。自分の脚の感じは初日よりも良かったです。関東3番手。
(7)肥後尚己 谷口君が気持ちよく先行してくれたね。抜けなかったけど、状態は問題ない。ここも谷口君。


<各レースの見どころ>

 (1R)やや上向いた黒川マークで中島。ただし、補充の是永が原にマークするかは地乗りを参考に。
【3連単】2―67―567。


 (2R)山田は前期S級とは思えない元気のなさだが、一般戦なら意地を見せてほしい。
【3連単】7―1―346。


 (3R)点数で中部ワンツーを軸視。ただし、小野寺は2分戦が大の得意で波乱も十分だ。
【3連単】7―1―346。小野寺が激走なら6―4―1237。


 (4R)中川が特選スタートの意地を見せる。気になるのは自力同士で並ぶ静岡勢で、長谷部の単魅力。
【3連単】1―47―47。長谷部は7―1―34。


 (5R)照屋のロングスパートで久島から。先行に燃える小林に手こずるようだと、藤井の出番も?
【3連単】1―7―345。


 (6R)小笹は初日から番手戦で惨敗続き。きょうこそは本来の自力策でうっぷん晴らしだ。番手は同じ京都の先輩・山崎。
【3連単】1=7―235。


 (7R)谷口は自転車の調整がうまくいって、本来の力強さを取り戻した。さほど位置取りにこだわらない小川よりも前の位置から捲ってVだ。
【3連単】1―47―2347。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ