西武CSローテ2戦目は今井が有力 SB戦なら十亀先発か

西日本スポーツ 松田 達也

■2回無失点

 西武の今井達也投手(21)が、10日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦の先発候補に浮上した。2日にメットライフドームで行われた1軍対2軍の試合に登板。今季7勝の右腕が第1戦のニールに次いで起用される可能性が出てきた。

 2回を被安打1、2奪三振で無失点に封じた今井は「腕が少し横振りになったが、2イニング目は修正できた」と語り「CSは特別な試合になると思うけど、自分のボールをしっかり投げたい」と意気込んだ。辻監督も「まとまっていたね。あの感じで投げてもらえればいい」とうなずいた。

 対戦相手がソフトバンクになった場合、同カードで5試合に登板して1勝2敗ながら防御率2・37の十亀が第2戦の先発に回る可能性もある。1軍と2軍の試合で2回を被安打1、1失点だった十亀は、4者連続奪三振も記録し「悪くないボールを投げられた」と手応えを感じていた。

 CSは本田、松本航も先発候補で、榎田はブルペン待機の見通し。第2戦以降の先発は対戦相手が決まり次第、最終決定する方針だ。 (松田達也)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ