ソフトバンク柳田ぽつり「イヤです」楽天好印象なし

西日本スポーツ

記者の質問に答える柳田(撮影・佐藤桂一) 拡大

記者の質問に答える柳田(撮影・佐藤桂一)

 パ・リーグ2位のソフトバンクと同3位の楽天が争うクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの前日記者会見が4日、ヤフオクドーム内で行われ、ソフトバンク柳田が意気込みを語った。

 開幕直後の左膝裏肉離れで長期離脱した柳田は、今季出場38試合。「今できるベストの準備をしたと思っていますので。あとはもう、ガムシャラに試合に挑むだけだと思っています」とポストシーズンに懸ける思いは強い。

 楽天の印象については「対戦しているピッチャーはほんとにレベルが高い。まず球が強い印象。そんな簡単な相手じゃないなと思います」とコメント。今季楽天戦では、出場5試合のデータとはいえ打率1割6分7厘だった。続けて「守ってても、打線もどっからでも点が入るイメージあるんで。まあ、イヤです。はい」。ぽつりと漏らし、会見場の笑いを誘っていた。

PR

PR

注目のテーマ