競輪システム一部復旧せず 武雄など4場が中止、打ち切り

西日本スポーツ

武雄競輪場の入り口に貼られた開催中止のお知らせ 拡大

武雄競輪場の入り口に貼られた開催中止のお知らせ

後片付けでごった返す武雄競輪の検車場

 競輪を統括するJKAは4日、システム障害のため3日から中止されていたレースを、システム上の安全が確認された松戸、青森、宇都宮、大宮の4競輪場で5日に再開すると発表した。同日に開催予定だった函館、富山、玉野、武雄は障害の影響を除去できず中止、打ち切りとなった。6日以降の開催は予定通り。

 JKAによると、競輪情報システムにおいて不整合なデータが入力されたことに伴い、障害が発生。3日にオッズデータの提供、競走成績、賞金、番組編成などの入力処理ができなくなり、4日まで2日間、全レースが中止になった。

 調査の結果、システムそのものの問題ではないことが判明し、安全性が確認されたものから順次開催することになった。外部からの不正アクセスやサイバー攻撃によるものではなく、情報流出も生じていないという。

■武雄参戦の選手 再発防止を願う

 競輪界全体のシステム障害により、4日の開幕を5日に順延した武雄競輪のモーニングF2戦は4日午後、開催全体(5~7日)の取りやめが決まった。同じく3日が前検日で初日を順延した函館、玉野、富山も取りやめ。同日程に関しては、障害の影響を除去できなかったためだという。

 中止が決まった武雄競輪の検車場では、選手たちが片付け作業や帰りの交通手段の確保などに追われた。各選手とも万全の準備で臨んだだけに「走りたかった」というのが正直なところだが、「仕方がない。こういうこともあるでしょう」(地元選手代表の成松春樹)と冷静に受け止めていた。ガールズグランプリの賞金額争いの真っただ中にいる小林莉子も「賞金上積みを考えると痛手です」としながらも、「そんな個人のことより業界全体が大変。武雄競輪も先月は台風での順延もあったし、みんながやりきれないと思う。二度とこのようなことがないように」と、関係者を気遣い、再発防止を願った。

 武雄競輪の山口智幸競輪事業所長は「開催を望むファンの声も多く届いていた。開催したい気持ちは競輪場も同じだが致し方ない。ご迷惑をお掛けして申し訳ない」と話した。

PR

PR

注目のテーマ