【クローズアップ】遠藤結果にこだわる

西日本スポーツ

得点率5位で準優入りした遠藤エミ 拡大

得点率5位で準優入りした遠藤エミ

 苦しみながらの予選通過だ。遠藤エミ(31)=滋賀=は得点率5位で準優入り。だが「普通です。回転を止め過ぎて、1Mで舟が向かなかったし、バックも追い付かれた」と表情は厳しい。それでも舟券から外れたのは初日DRの1度だけ。持ち前のスピードと旋回力と“個人能力”で勝ち進んだ。

 結果への強いこだわりが、機力以上の成績につながっている。今年の女子賞金ランキングで3位につける遠藤だが、優勝は2回。「全く勝ち切れていない。勝てるレースもあった。とにかく優勝がしたい」。2015年には年間7Vを記録し、16年は4回、17年は5回、昨年は6回とVを量産。それだけに物足りなさばかりが残る。

 年末の大一番・クイーンズクライマックスを見据えるとなおさらのことだ。出場は既に当確だが「やっぱり(トライアル初日の)1号艇は欲しい」。賞金2位の守屋美穂との差は約100万円。準優11Rはその守屋との直接対決だ。勝ちにこだわる遠藤が、優出争い、そして賞金レースをさらに面白くする。

PR

PR

注目のテーマ