平山貫禄たっぷり 西日本スポーツ杯 【芦屋】

西日本スポーツ

 芦屋ボートのヴィーナスシリーズ第9戦「西スポ杯争奪芦屋カップ」は4日間の予選が終了。5日はファイナル進出を懸けた準優3番が行われる。大激戦の首位争いを制したのは平山智加。予選ラストのイン戦を力強く逃げ、6戦4勝オール3連対を守った。2位には守屋美穂、3位には大山千広が続き、この3人が準優1枠を獲得。仕上がりも良好で、それぞれ人気の軸を務める。平山と首位を並走していた今井美亜は、平山との直接対決で5着に敗れ、6位に後退した。上位陣の固め取りで、最終的な準優ボーダーは低くなって5・43。前日の下位からは、大沢真菜、藤原菜希、中田夕貴の3人が勝負駆けに成功し、ベスト18入りを決めた。

PR

PR

注目のテーマ