久光製薬に「ママさんセッター」 乳幼児は…復帰を後押しした夫の言葉

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 バレーボールのVリーグ女子が12日に開幕する。3連覇を目指す久光製薬に2016~17年シーズン限りで引退していたセッターの小島(旧姓・中大路)絢野(28)が結婚、出産を経て復帰。セッターの人数不足に陥ったチームに請われ、授乳している息子と共に練習場近くに引っ越した。数々のタイトル獲得に貢献した司令塔が「ママでも日本一」を目指して再び動きだした。 (伊藤瀬里加)

 リーグ開幕を前に、9月下旬に行われた練習試合。若手主体の久光製薬メンバーの中で、周囲と積極的に言葉を交わす28歳の小島の姿があった。

 「自分が第一線に立って走るというより、見守るというか…」

 全日本のエース石井優希、故障からの復帰を目指す元代表の長岡望悠らと同学年。競技力向上のために全てを犠牲にして戦い、「やりきった。後悔はない」と16~17年シーズン限りで一度は去ったコートに戻ってきた今、その頃とは別の感情が芽生えている。

 「今までバレーボールの世界という殻に閉じこもりがちだったけど、『私には子どももいる』という心のゆとりが生まれた。(もうすぐ11カ月になる)子どもの存在がパワーになっている」。17年6月に結婚し、翌年に長男の怜ちゃんを出産した。

■授乳している息子1人

 教員の夫・啓太郎さん(28)と怜ちゃんと佐賀で暮らし、バレーボールをする機会はほぼなかった。復帰の話を持ち掛けられたのは今年7月。選手の引退や退団などでセッターが1人となり、久光製薬の酒井新悟監督からオファーを受けた。

 迷った。夢にも思わなかった復帰話。チームに入ると練習や試合で遠征が多い。授乳中で競技者としての体力維持も難しい。幼子の面倒はどうするのか。練習場は神戸市…。背中を押したのは夫の言葉だった。「寂しいけど、日本トップのチームから声が掛かるのはすごいこと」。覚悟が決まった。

 8月中旬、佐賀県内で合宿を行っていたチームに合流。9月からは怜ちゃんと神戸市にある練習場の近くに引っ越した。チームからはベビーシッターの手配なども提案されたが、練習日は京都に住む母の真奈美さん(54)に住み込みで家事、育児を手伝ってもらうことになった。遠征時も主に母が怜ちゃんを預かる。多くの人たちの励まし、サポートを受けながら、考え方も変わった。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング