久光製薬に「ママさんセッター」 乳幼児は…復帰を後押しした夫の言葉 (2ページ目)

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

■バレーボール界では35歳の荒木絵里香が「ママさん選手」として活躍

 バレーボール界では35歳の荒木絵里香が結婚、出産を経て日本代表として活躍するが、「ママさん選手」はまだ珍しい。「もう少し増えてほしい。お母さんになったらみんな強くなる。その強さがチームに対してプラスになるはずだ」と強く思う。

 常勝軍団に加わった新たなピース。「自分も絶対に、日本一に関わりたい。チームの役に立てるよう、自分なりの役割を全うしたい」。再出発した司令塔に導かれ、久光製薬がさらに強くなる。

   ◇    ◇

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング