ソフトバンク甲斐野、高橋純 初のCSへ気合

西日本スポーツ

キャッチボールする甲斐野 拡大

キャッチボールする甲斐野

 甲斐野と高橋純が初体験となるCSへ向けて意気込んだ。前日練習ではともにキャッチボールなどで調整し、見守った王会長とがっちり握手。新人ながらチームトップの65試合に登板した甲斐野は「シーズンが終わって一度ホッとしたけど、またしっかりと気持ちを入れていく」と引き締まった表情。45試合に登板した高橋純も「1球の重みも増すし、プレッシャーもかかる。縮こまらないようにしたい」と気合十分だった。

PR

PR

注目のテーマ