ソフトバンク工藤監督「一つ一つ戦っていく」 2年連続下克上へ

西日本スポーツ

共同記者会見を終え、記念撮影でポーズを取る(左から)柳田、工藤監督、楽天・平石監督、銀次 拡大

共同記者会見を終え、記念撮影でポーズを取る(左から)柳田、工藤監督、楽天・平石監督、銀次

 工藤監督が、あらためて3年連続の日本一を誓った。4日はヤフオクドームで午前11時から約2時間の全体練習を行い、楽天の平石監督らと共にファーストステージ(S)の開幕前日共同記者会見に出席。「リーグ優勝ができなかったのは本当にすごく残念。われわれの目標は、あくまでも最終的に日本一。一つ一つ足元を見て戦っていきたい」と、まずはファーストS突破へ向けて意気込んだ。

 チームは6年連続でのCS進出で、就任5年目の工藤監督も毎年短期決戦を戦っている。「明日からの戦いというのは(短期決戦を)経験している方が強いということではなく、試合への入り方であったり、進め方が非常に大事になってくる」。昨季も「第2先発」を積極的に使うなど、選手起用や交代など早めの決断で勝機を見いだしており「決断が鈍らないよう、いろいろなことを想定したい」と、2年連続の下克上へ向けて気持ちを引き締めていた。

PR

PR

注目のテーマ