窮地で甲斐キャノンから併殺 ソフトバンク強肩連鎖

西日本スポーツ

ソフトバンク・甲斐 拡大

ソフトバンク・甲斐

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第1戦 ソフトバンク-楽天(5日・ヤフオクドーム)

 捕手・甲斐のキャノンと称される強肩からソフトバンクがピンチを脱した。

 同点の6回、銀次に安打を許し無死一塁。続く渡辺佳が試みてきた送りバントの打球が、捕手前で高く弾んだ。これを収めた甲斐が、すかさず二塁送球し封殺。二塁ベースカバーに入った今宮が一塁送球し、際どいタイミングながら併殺が完成した。

 投手・千賀が投げたのは151キロのストレート。そこから甲斐、今宮と強肩自慢の送球が連なった。

PR

PR

注目のテーマ