ソフトバンク千賀「自分の責任」今季最悪4発に沈む

西日本スポーツ

5回2死、楽天・浅村にソロ本塁打を許した千賀 拡大

5回2死、楽天・浅村にソロ本塁打を許した千賀

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第1戦 ソフトバンク-楽天(5日・ヤフオクドーム)

 短期決戦の先陣を任されたソフトバンク千賀ながら、まさかの一発攻勢に沈んだ。

 初回に浅村に先制ソロ被弾。打線が奮起しすぐさま同点、さらに2点を勝ち越してもらったが、直後の3回にオコエにソロを許し1点差とされた。

 すると5回、浅村にこの日2本目となるソロを浴び同点。そして7回、茂木にソロを許して勝ち越され、ガックリとうなだれた。

 今季レギュラーシーズンでは1試合3被弾が最多。ソロばかりだが、4被弾はワーストだ。「短期決戦で大事な先制点を与えてしまい、流れを悪くしてしまった。失点が全てホームランというのは防ぐこともできたと思うし、自分の責任です」。7回125球、7安打4失点でリードを許して降板となった。

PR

PR

注目のテーマ