ソフトバンク崖っぷち 千賀まさか、勝負手不発…守備も乱れ

西日本スポーツ

7回2死、楽天・茂木(5)に左中間ソロを浴びた千賀 拡大

7回2死、楽天・茂木(5)に左中間ソロを浴びた千賀

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第1戦 ソフトバンク3―5楽天(5日・ヤフオクドーム)

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクが、3位の楽天に逆転負け。楽天にファイナルステージ進出に向けて王手をかけられ、崖っぷちに立たされた。

 千賀が初回に浅村に先制ソロ被弾も、直後に今宮が則本昂から同点ソロ。2回には内川の2ランで勝ち越した。だが3回にオコエのソロで1点差とされ、5回に再び浅村のソロで同点。7回に茂木のソロで勝ち越された。

 千賀は7回4被弾で降板。1点を追う8回2死から二塁打のグラシアルに代走周東を送ったが、柳田の四球後、デスパイネが右飛に倒れた。

 9回の守りでは2死一塁で3番手・高橋純が暴投。捕手・甲斐の二塁悪送球が重なり2死三塁となった。続く浅村の一、二塁間深くへの当たりに二塁手・明石が追いついたものの、送球が乱れて一塁アウトにできず(記録は内野安打)、致命的な1点を加えられた。

 6日午後1時からヤフオクドームで行われる第2戦にはバンデンハークと楽天・美馬が先発する。

PR

PR

注目のテーマ