ソフトバンク森ヘッド 「思い切って」打線改造示唆

西日本スポーツ

ソフトバンク・森ヘッドコーチ 拡大

ソフトバンク・森ヘッドコーチ

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第1戦 ソフトバンク3―5楽天(5日・ヤフオクドーム)

 森ヘッドコーチが打線の大幅なてこ入れを示唆した。打線は初回、2回と本塁打を放って3点を挙げたものの、3回以降はあと一本が出ない展開となって、追加点を奪うことができずに逆転負け。CS敗退の危機に追い込まれた。「(打線の変更は)もちろん考える。思い切っていきたい。調子の悪い選手は代えていく。悔いのないように打線を組みたい」と、険しい表情を浮かべた。

PR

PR

注目のテーマ