ソフトバンク高橋純 ほろ苦デビュー、最終回に1失点

西日本スポーツ

9回、3番手で登板し、1失点の高橋純 拡大

9回、3番手で登板し、1失点の高橋純

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第1戦 ソフトバンク3―5楽天(5日・ヤフオクドーム)

 高橋純はほろ苦いCSデビューとなった。1点ビハインドの9回に登板。四球を与えるなどし迎えた2死一塁。浅村への4球目スライダーはワンバウンドの暴投に。甲斐の二塁悪送球も絡んで三進されると、浅村には一、二塁間の深い打球を放たれた。これが明石の送球の乱れも誘い(記録は内野安打)5点目を失った。「1球の重みも増す。縮こまらないように」としていたが悔しい初陣となった。

PR

PR

注目のテーマ