ソフトバンク甲斐 本塁打「防げた」守備ミスも反省

西日本スポーツ

6回無死一塁、楽天・渡辺佳のバントを処理し二塁封殺する甲斐(撮影・軸丸雅訓) 拡大

6回無死一塁、楽天・渡辺佳のバントを処理し二塁封殺する甲斐(撮影・軸丸雅訓)

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第1戦 ソフトバンク3―5楽天(5日・ヤフオクドーム)

 甲斐が4被弾の責任を背負い込んだ。初回に浅村に先制本塁打を浴び、3回にはオコエ、5回は再び浅村にスタンドに運ばれ、同点だった7回は茂木に決勝弾を献上。6回に強肩を生かして併殺を完成させた一方で、9回は二塁への悪送球で5点目につながるプレーもあった。悔しさばかりが募る初戦に「防げる本塁打はあった。僕自身も反省しないといけない」と、視線を落としていた。

PR

PR

注目のテーマ