ソフトバンク・バンデンハーク激高 ボール判定に怒

西日本スポーツ

4回1死満塁、楽天・浅村(左)に2点右前打を浴びたバンデンハーク 拡大

4回1死満塁、楽天・浅村(左)に2点右前打を浴びたバンデンハーク

4回1死一、二塁、楽天・茂木への四球の判定にいらだつバンデンハーク

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第2戦 ソフトバンク-楽天(6日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの先発バンデンハークが思わず感情をあらわにした。

 立ち上がりからボールが先行気味で、初回と3回に失点。味方が3点を奪って逆転した直後の4回1死一塁から島内を歩かせ、倉野投手コーチがマウンドへ駆け寄った。

 迎えた茂木に3ボールとなったが、立て直してフルカウント。6球目スライダーを内角低めに決めたかにも見えたが、山本貴球審の判定はボール。普段は温厚な助っ人右腕も珍しく両手を広げて怒りの表情を浮かべ、球審に向かって何事かまくしたてた。

 甲斐が歩み寄ったこともあり、それ以上のことはなかったが、1死満塁で浅村に打席が回った。外角低めのボール球を右前打され同点。ブラッシュを空振り三振に打ち取ったところで、4回途中での降板を命じられた。

PR

PR

注目のテーマ