ソフトバンク最終S逆王手 改造打線で驚異の反発力

西日本スポーツ

1回2死、柳田(9)のソロに沸くソフトバンクベンチ 拡大

1回2死、柳田(9)のソロに沸くソフトバンクベンチ

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第2戦 ソフトバンク6-4楽天(6日・ヤフオクドーム)

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクが同3位の楽天に競り勝ち、対戦成績を1勝1敗のタイとした。

 崖っぷちで打線を大改造。今季チームで唯一全試合スタメン出場していた松田宣を外し、福田を入れた。主軸も柳田を4→3番、デスパイネを5→4番、グラシアルを3→5番としたのをはじめ、上位から下位まで並べ替えた。


 初回に先制されたが、直後に柳田が9月1日以来の一発を放ち同点。3回に浅村の2戦連発となるソロで勝ち越されても、直後に柳田が同点二塁打を放ち、続くデスパイネの2ランで勝ち越した。

 4回に満塁から浅村の2点打でまたも追いつかれたが、ここでも直後に福田が勝ち越しソロ。楽天先発の美馬をこの回限りで降板に追い込むと、5回はデスパイネの適時打で加点した。

 失点直後の驚異的な反発力で奪ったリードを、救援陣が守った。先発バンデンハークが4回途中で降板すると、9月下旬に戦列復帰していた石川が5回からの2イニングを、無安打無失点の好投。その後は甲斐野-モイネロ-森とつないで逃げ切った。

PR

PR

注目のテーマ