ソフトバンク柳田「負けたら自分の責任」1カ月ぶりお目覚め弾

西日本スポーツ

1回2死、楽天・美馬(手前)から右中間ソロを放つ柳田(撮影・軸丸雅訓) 拡大

1回2死、楽天・美馬(手前)から右中間ソロを放つ柳田(撮影・軸丸雅訓)

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第2戦 ソフトバンク6-4楽天(6日・ヤフオクドーム)

 柳田がついに目覚めた。1点を先制された直後の初回2死。今季対戦で6打数無安打の美馬が1ボールから投じた低めのカーブを思い切りすくい上げた。「打った瞬間、詰まっていたので入るとは思わなかった。たまたまです」。右中間テラス席へ持ち前のパワーで運んだ。一時同点の今CS1号ソロはレギュラーシーズンの9月1日西武戦以来、約1カ月ぶりの一発だ。

 1点を追う3回は適時二塁打で、これも同点打。5回も2死から二塁への内野安打を放って、6点目のホームを踏んだ。CSでは自身初の1試合3安打。「チームが負けたら自分の責任。申し訳ない気持ち」と、重責を一身に背負う男が打線の爆発を呼び込んだ。

 「大した当たりじゃない。ラッキーだけど、勝利に貢献できてよかった」。そううなずき球場を後にし、ほどなく再び姿を見せた。「これがないとゲームができん」とジョークを飛ばしながら、対戦相手のデータなども入る忘れ物のタブレットを手に照れ笑い。常にチームの勝利だけを考える上り調子の主砲が、ファイナルへの道をこじあける。

PR

PR

注目のテーマ