ソフトバンク・バンデンハーク5四球 判定に不満あらわ

西日本スポーツ

4回1死一、二塁、楽天・茂木への四球の判定に不満を示すバンデンハーク 拡大

4回1死一、二塁、楽天・茂木への四球の判定に不満を示すバンデンハーク

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第2戦 ソフトバンク6-4楽天(6日・ヤフオクドーム)

 バンデンハークは五つの四球を与えるなど制球に苦しんだ。初回からボール先行で先制点を献上。3回は浅村に一発を浴びた。味方が逆転した直後の4回は、1死一塁から島内と茂木に連続四球。茂木の場面では、珍しく判定に不満をあらわにする姿もあった。満塁となり、続く浅村に同点2点打を許すなどして、4回途中4失点で降板。「少し不運な部分もあったが、もう少しストライクゾーンで勝負したかった。浅村にはうまく打たれた」と肩を落とした。

PR

PR

注目のテーマ