采配にも変化もたらす石川の存在/藤原満氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の藤原満氏 拡大

西日本スポーツ評論家の藤原満氏

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第2戦 ソフトバンク6-4楽天(6日・ヤフオクドーム)

 今後、短期決戦に挑むチームに石川が大きな変化をもたらす。そう思わせる好投だった。

 6回、石川がCS2戦目にして初めて楽天の攻撃を三者凡退に抑えた。これまでいかに相手ペースでの試合を強いられてきたかがよく分かる。

 5回と6回を一つの四球だけで乗り切った石川が、CSで初めてチームに勢いをつけた。続く甲斐野とモイネロが3人ずつ、そして守護神森の3者連続奪三振での締め。石川がもたらした勢いからだ。初回に当たり損ねの打球が続いて先制されたり、第1戦に続いて浅村の一発を食らったり「負けそうな雰囲気」が払拭(ふっしょく)された。

 終盤の救援陣は盤石だが、その前を任せられる信頼できる投手が少ないと、工藤監督は先発投手を思い切って代えられない。久しぶりの登板でも動じず、四球の心配も少ない石川の復帰は大きい。救援陣のより一層の充実は相手にもかなりプレッシャーを与える。

 打線では、工藤監督が松田宣をスタメンから外すという大きな決断をして、結果を出した。石川の存在は、工藤監督に投手起用でも思い切った決断を促すだろう。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ