ソフトバンク周東の盗塁が消滅 ファンは「えぇー」

西日本スポーツ

7回1死一塁、打者中村晃のとき、二盗を狙う代走周東。リプレー検証で判定が覆りアウトに(撮影・軸丸雅訓) 拡大

7回1死一塁、打者中村晃のとき、二盗を狙う代走周東。リプレー検証で判定が覆りアウトに(撮影・軸丸雅訓)

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第3戦 ソフトバンク-楽天(7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが一気呵成(かせい)に攻めた。

 同点の7回無死、内川が代わりばなの楽天2番手・宋家豪から勝ち越しソロ。長谷川勇も中前打で続き、無死一塁でベンチは迷わず代走周東を送り込んだ。

 今宮の送りバントは小フライとなり1死一塁。甲斐への代打、中村晃が3ボール1ストライクから空振りした5球目で周東はスタート。二塁塁審の手が広がった。

 ここで楽天平石監督がリクエスト。二塁ベースカバーに入った遊撃手・茂木のタッチとどちらが先か際どいタイミングながら、場内に映し出された映像は角度によって周東有利を思わせ、ソフトバンクファンからは歓声も上がった。もっとも、5分に迫るリプレー検証の結果、判定は覆ってアウトに。今度はソフトバンクファンから一斉に「えぇー」と声が上がった。

 2死走者なしとなって中村晃は空振り三振。ソフトバンクはこの回1点を勝ち越すにとどまった。

PR

PR

注目のテーマ