巨体揺らしデスパ爆走の千金ホーム「今年一番」監督

西日本スポーツ

4回2死一、二塁、内川の右前打で三塁を回るデスパイネ(撮影・式町要) 拡大

4回2死一、二塁、内川の右前打で三塁を回るデスパイネ(撮影・式町要)

4回2死一、二塁、内川の右前適時打で二走・デスパイネが生還。捕手・太田(撮影・大月崇綱)

 ◆パ・リーグCSファーストステージ第3戦 ソフトバンク2-1楽天(7日・ヤフオクドーム)

 CSで際立った活躍が光るソフトバンク内川が、この試合でも7回の決勝ソロを含む2打点。そのうち1打点を、デスパイネがアシストした。

 楽天浅村の3戦連発、このステージ4発目となるソロで先制された直後の4回。2死からデスパイネ、グラシアルの連打で一、二塁とした。

 続く内川の右前打で、二塁走者デスパイネが巨体を揺らして爆走。本塁はクロスプレーになったが、回り込んで低く滑り込み、捕手のタッチよりわずかに先に左手で本塁に触れ、同点の1点をもぎとった。

 「自分の仕事をしただけ。2アウトだったので全力でいけないといけないと思った」。本人は努めて涼しい顔ながら、工藤監督は「打った内川君もすごい。かえってきたデスパイネもすごいなと。今年一番の走りじゃなかったでしょうか」と笑った。

PR

PR

注目のテーマ