底力で勝る久保田泰弘にV期待 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

久保田泰弘(山口) 拡大

久保田泰弘(山口)

 小倉競輪のF2ミッドナイト(A級1、2班戦)は2日目、決勝進出を懸けた準決3番をメインに展開した。

 最初の5Rは、田頭寛之がマイペース先行で押し切り。続く6Rは、菅原裕太の赤板2角スパートを栗林巧が余裕で逆転。最後の7Rは、渋谷海の番手に追い上げながら強引に捲った久保田泰弘を、後位追走の森安崇之―四元慎也がゴール前で一気に差し切った。

 最終日のハイライト7R決勝は、準決3着で辛くも勝ち上がった久保田が最後に底力を示す。


【7R・決勝コメント】
(1)久保田泰弘 渋谷君のダッシュがすごくて、出切るまでがきつかった。力を出し切れているし、状態は初日よりもマシでした。決勝も自力で勝負。
(2)栗林 巧 菅原君があれだけの距離を先行してくれるとは。素晴らしいレースをしてくれた。ピンピンの優出で通算199勝。決勝で200勝を決められるように。菅原君へ。
(3)田頭寛之 3度目の連係で、やっと師匠の四宮さんとワンツーが決まった。師匠が後ろだったからいい緊張感で走れたし、悪くないと思う。自力で。
(4)四元慎也 久保田君の仕掛けが早くて、本当にきつかった。何だか初日よりも体が重かった。また久保田君の3番手で。
(5)菅原裕太 掛かりがイマイチだったし、岡田君の抵抗もあって末を欠いてしまった。1番人気なので押し切りたかったが、本当に申し訳ない。自力。
(6)四宮哲郎 弟子の田頭君を抜いて、S級パンツを買ってやる予定が2着とは。でも連係が決まってうれしい。また田頭君。
(7)森安崇之 久保田君が強かったし、(1着は)展開が向きました。前を抜けているので調子は悪くない。決勝も久保田君。



<各レースの見どころ>

 (1R)福田は前日の先行でようやく「逃げ」の決まり手がついた。ここは自力一車で後ろが競り。しっかりと逃げ切ってほしい。
【3連単】1―7―256。


 (2R)楢原のスパートで同じ久留米の先輩・白川が恵まれる。行成「自分でやる」は、再び先手のハコ狙いかも。
【3連単】1―7―345。


 (3R)大畑の先行を、安谷屋が5番手から捲る。溝口は「単騎」も、埼玉勢に乗っていきそうな雰囲気。
【3連単】7―1―245。


 (4R)岡山勢は年下の戸伏が前で「何とかする」。伊藤、大松は点数以上のデキで波乱がありそう。
【3連単】1―7―234。


 (5R)初日特選で1着の小林が意地を見せる一戦。番手は杉浦で、福森には仲松がマーク。中部両者は3着争いなら十分。
【3連単】1―7―235。杉浦が離れれば1―235―46と変則的に。


 (6R)準決で久保田を苦しめた渋谷は、今後が楽しみなヤング。後ろが負傷明けの飯尾なら、押し切りの方から厚めに狙いたい。
【3連単】1=7―345。


 (7R)久保田は4着、3着の勝ち上がりでパッとしないが、最後はピシャリと決める。突進力だけでなくヨコにも動ける菅原次第では、田頭の一撃に出番も。
【3連単】1―357―2357。
 

PR

PR

注目のテーマ