西武・秋山「結果出す」CSへ悲壮覚悟

西日本スポーツ

打撃練習する西武・秋山 拡大

打撃練習する西武・秋山

 秋山が悲壮な覚悟でCSに臨む。昨年は20打数3安打の打率1割5分で終戦。1番打者としてチームを日本シリーズに導くことができなかった。「結果が出なかったことが全て。勝ちに結びつけるプレーができなかった。(今年は)結果を出すしかない。試合に向けてやり残したことがないように」。フリー打撃を終えると、ボールを置いた状態のティー打撃を繰り返し、スイングを確認していた。

PR

PR

注目のテーマ