日本バスケ界で初の快挙 3人制U23女子日本代表がW杯でV

西日本スポーツ 西口 憲一

バスケットボール3人制のU23ワールドカップで女子日本代表の優勝に貢献した永田 拡大

バスケットボール3人制のU23ワールドカップで女子日本代表の優勝に貢献した永田

 中国で6日まで開催されたバスケットボール3人制のU23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)で初優勝した女子の日本代表チームが7日、東京・羽田空港に帰国した。

 日本バスケットボール協会によると、男女の全カテゴリー(5人制と3人制)で国際大会を制したのは初の快挙。代表メンバー4人の1人、永田萌絵(東京医療保健大4年)=長崎商高出身=は「3x3(スリーエックススリー)では初めての国際大会だったが、5人制とは違う雰囲気を楽しんでプレーできた。さらにバスケが好きになった」と、金メダルとリングを手に笑顔で振り返った。

 大会は2日に始まり、1次リーグを3勝1敗で突破した日本は準々決勝でオランダ、準決勝でベラルーシを破り、決勝ではロシアに19-14で勝利した。 (西口憲一)

PR

PR

注目のテーマ