三谷竜生が4度目G3制覇 千葉競輪開設記念 【松戸】

西日本スポーツ

 松戸競輪で代替開催のG3千葉競輪開設70周年記念「滝沢正光杯in松戸」(令和元年台風15号に伴う復興支援)最終日は8日、決勝が行われ、昨年のグランプリ覇者の三谷竜生(奈良)が勝ち、昨年3月の玉野記念以来、4度目のG3優勝を果たした。

 小埜正義、伊勢崎彰大、中村浩士ら地元千葉勢が早めに主導権を握った。後方を進んだ三谷は残り1周からスパート。伊勢崎のけん制をこらえて最終バックで捲り切り、そのまま押し切った。内を突いて伸びた中村が2着。三谷を追った取鳥雄吾(岡山)が3着に入った。

■次につながる

 三谷竜生「結果を出せたことは、励みになります。勝って次につながります。次の寛仁親王牌(G1)ではタイトルを狙って、グランプリで走れるように頑張ります」

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ