ソフトバンクの布陣変更が的中 松田宣いきなり一打

西日本スポーツ

1回2死一、三塁、右中間に先制の2点適時二塁打を放つ松田宣 拡大

1回2死一、三塁、右中間に先制の2点適時二塁打を放つ松田宣

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 西武‐ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 ソフトバンク松田宣が、第1打席で鬱憤(うっぷん)を晴らす一打を放った。

 楽天とのCSファーストステージ第1戦以来、3試合ぶりのスタメン。初回に今宮、柳田の連打などで2死一、三塁の好機となり、松田宣は西武先発・ニールの外角の変化球を右中間へ運んで先制2点二塁打とした。

 楽天とのCSファーストステージでは、不調から第2、3戦でベンチスタート。それでもニールとはレギュラーシーズンで6打数2安打の結果を残し、5番で起用された。今宮を8番から2番としたことも含め、ソフトバンクは初回から布陣変更が奏功した。

PR

PR

注目のテーマ