ソフトバンク和田「簡単に…」グラブから白星スルリ

西日本スポーツ

3回1死一塁、西武・源田(左)に中前打を浴びる和田 拡大

3回1死一塁、西武・源田(左)に中前打を浴びる和田

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 西武-ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 ソフトバンク先発の和田にとっては、悔やみきれない3回の1イニングとなった。

 2年ぶりのCSマウンド。初回に2点の援護を得ると強気に西武打線を攻め、2回には外崎、木村から三振を奪った。

 2点リードのまま迎えた3回1死、秋山をフルカウントから歩かせた直後。足元を襲った源田のゴロの打球にグラブを差し出したが、収められず中前打で一、二塁となった。

 思わず顔をしかめ、グラブをたたいて悔しがると、続けざまに足元へ飛んだ森の打球にもグラブを合わせきれず二ゴロ。投ゴロなら併殺を狙えたが、2死一、三塁となった。

 中村の左前打で1点を返され、なお一、二塁から外崎には中越えの逆転三塁打を許した。続く4回2死二塁のピンチを切り抜けたが、この回限り、86球で降板。5回のマウンドは嘉弥真に譲り「大事な初戦を任せてもらったのに、結果を出すことができずに申し訳ない。野手みんなが必死に取ってくれた先制点を、簡単に逆転されてしまった」と悔やんだ。

PR

PR

注目のテーマ