松田宣4打点「いい選手多くいる」先発落ち自覚新た

西日本スポーツ

ヒーローインタビュー後、ファンの歓声に応える松田宣 拡大

ヒーローインタビュー後、ファンの歓声に応える松田宣

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 西武4-8ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 3試合ぶりにスタメン復帰したソフトバンク松田宣が、4打点の活躍で白星発進を先導した。

 不調から楽天とのCSファーストステージ第2、3戦でスタメンを外れて欠場。一転してファイナルステージ第1戦で5番に入ると、初回2死一、三塁で西武先発のニールから、右中間へ先制の2点二塁打を放った。9回2死満塁でも榎田から2点左前打を放ち、ダメを押した。

 試合後のヒーローインタビューで、先制打について「1打席目からチャンス。試合に出してもらったので、とにかく集中して、悔いのないようにバットを振ろうと思った」と話し、9回の2点打は「前の打席にチャンス(8回1死一、三塁)で三振。もう一回みんなが回してくれた。とにかく必死に」と振り返った。

 「ファーストステージ、少しベンチで見ることが多かったんですけど」と自虐的に話し、ファンの笑いも誘った上で「みんな勝つために必死にプレーしていた。僕も出させてもらったら、必死にやろうと思っていたんで。いいスタート切れたんで良かった」と力を込めた。

 味方の奮起でたどりついたファイナルステージ。「いい選手、たくさんいるんで。やっぱり結果を出さないと、試合に出られない。また明日(10日)からも死に物狂いでバット振っていきたいと思います」と決意を語り、拍手を浴びていた。

PR

PR

注目のテーマ