工藤監督「すいません」内川に代打は「苦しい決断」

西日本スポーツ

8回1死一、三塁、一走デスパイネの代走に周東を送る工藤監督 拡大

8回1死一、三塁、一走デスパイネの代走に周東を送る工藤監督

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 西武4-8ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 ソフトバンク工藤監督がこのCSファイナルステージでも重い決断を下し、戦局を動かした。

 1点を追う8回に連打で1死一、三塁となり、西武は平井から平良にスイッチ。松田宣が三振で2死となった。次打者はファーストステージで2発を放つなど好調の内川だったが、代打・長谷川勇を送り込んだ。長谷川勇が期待に応え、左前へ同点打。なお一、三塁で相手捕逸の間に、代走・周東が勝ち越しホームへ滑り込んだ。

 工藤監督は内川に代打を送ったことについて「今日ちょっとタイミングが合ってない感じはしたので。僕自身も後悔しないように、思い切って…すいません、いかせてもらいました」と説明。内川と平良の相性については「それも少しありました」と言った。内川は今季2打数無安打で、長谷川勇は未対戦だった。

 「ああやっていい結果が出た。とはいえ、苦しい決断であったことは確かなので」。楽天とのファーストステージでは初戦を落とし、崖っぷちで松田をスタメンから外して突破。その際も「苦しい決断」と表現した。

 5番でスタメン復帰させた松田宣は4打点で応えてくれた。指揮官は「負けられない戦い、勝たなきゃいけない戦いが続きますんで。これからもしっかりと、自分なりに決断していきたいと思います」と力を込めた。

PR

PR

注目のテーマ