東福岡高MF荒木 J1鹿島内定 「スタメン取る」

西日本スポーツ 広田 亜貴子

J1鹿島の入団が決まり、ユニホームを着てポーズを取る東福岡のMF荒木 拡大

J1鹿島の入団が決まり、ユニホームを着てポーズを取る東福岡のMF荒木

 東福岡高サッカー部主将のMF荒木遼太郎(17)=3年=が9日、J1鹿島と仮契約し、来季の入団が内定した。福岡市の同校での記者会見で憧れのユニホームに袖を通して「最高です」と満面の笑みで着心地を語り「スタメンを取ることが一番の目標」と決意を示した。

 熊本県山鹿市出身の荒木は4歳ごろにサッカーを始め、ロアッソ熊本のジュニアユースから東福岡高へ。U-15(15歳以下)日本代表を経て、昨秋にはU-16日本代表としてU-16アジア選手権優勝を経験した。チームが初戦で敗れた今夏の全国総体は負傷で欠場したが、鹿島側は高い技術と戦術眼、ドリブル、パスを効果的に使い分けながら攻撃を組み立てる力を評価した。

 J1の複数クラブからオファーを受け、荒木は「競争が激しい方が成長できる」と常勝軍団への入団を決断。中学の時、鹿島とサガン鳥栖の試合を見て以来「鹿島でプレーしたいとずっと思っていた」という夢を実現した。トップ下やFWも経験し、現在はボランチが主。「ロングフィードが得意。(鹿島の先輩の)柴崎岳選手(デポルティボ)のようにゲームを自由自在にコントロールできる選手になりたい」と語った。

 5年後のパリ五輪出場を見据え、世界で戦うことも夢見るホープは、神戸のMFイニエスタとの対戦も熱望。まずは全国高校選手権で「日本一になる」と、東福岡を頂点に導いてプロの世界に羽ばたくことを誓った。 (広田亜貴子)

PR

PR

注目のテーマ