西武外崎「打ちにいけない部分あった」気を吐く一時逆転三塁打

西日本スポーツ

3回2死一、二塁、中越えに2点打を放つ西武・外崎(撮影・大泉謙也) 拡大

3回2死一、二塁、中越えに2点打を放つ西武・外崎(撮影・大泉謙也)

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦西武4―8ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 外崎が勝負強さを発揮した。2点を追う3回に中村の適時打で1点を返し、なお2死一、二塁で、一時逆転の中越え2点三塁打。昨季は9月に左腹斜筋を痛めた影響でCS初戦はベンチスタートだったが、悔しさを晴らすように、5番二塁でのスタメン出場で2安打2打点と気を吐いた。手痛い黒星にも「最初は様子を見るというか、打ちにいけない部分はあった。1試合しっかりやったので、次につなげたい」と前向きに振り返った。

PR

PR

注目のテーマ